無題ドキュメント

カテゴリーの説明

カテゴリー

  • アシスト自転車
    • 婦人車
    • シティー車
    • 子乗せ車
    • スタイル/ファッション車
    • スポーツ車
    • 小径車・折り畳み車
    • 三輪車
    • プレミアム
    • 新商品

  • 一般車
    • 婦人車(1本フレーム)
    • 婦人車(2本フレーム)
    • シティー車
    • 子乗せ車
    • スタイル・ファッション車
    • ビジネス・実用車
    • スポーツ車
    • 小径車・折り畳み車
    • 三輪車
    • 子供車 男の子
    • 子供車 女の子
    • 幼児車 男の子
    • 幼児車 女の子
    • プレミアム
    • 新商品

  • おススメの10台
    • タイプ別おススメの10台【かっこいい!】
    • タイプ別おススメの10台【かわいい!】
    • タイプ別おススメの10台【ちょっとお散歩】
    • タイプ別おススメの10台【旅先のおとも】
    • タイプ別おススメの10台【防犯重視】
    • タイプ別おススメの10台【とにかく頑丈】
    • タイプ別おススメの10台【もっても軽い】
    • タイプ別おススメの10台【背の高い人】
    • タイプ別おススメの10台【小柄な人】
 

自転車の車両ルール

自転車は、道路交通法上「軽車両」として扱われます。そのため違反をしてしまうと、罰則を科せられる場合もありますので、交通ルールをきちんと身につけた上で走行するようにしましょう。こちらでは、自転車の車両ルールについてご紹介したいと思います。

車体の規則

神奈川県内の自転車販売

自転車の車体の大きさは、長さが190センチメートル以内、幅が60センチメートル以内でなければなりません。車体に補助輪以外の側車を付けることはできず、運転者以外の乗車装置を備えることも幼児用乗車装置以外は認められていません。
また、ブレーキが走行中にきちんと操作できる位置にあり、車体に鋭利な突出部が付いていないことが原則となっております。

自転車の種類

  • 一般の自転車
  • 一般自転車の乗車人員は基本的に1人となっております。しかし、16歳以上の場合は、幼児用座席を設けた自転車に、6歳未満の幼児を1人乗せることができます。また、幼児1人を子守バンド等で背負って走行することも可能です。

  • 幼児2人同乗用自転車
  • 幼児2人を同乗させることができる特別な構造や装備がされている自転車を「幼児2人同乗用自転車」といいます。16歳以上が幼児2人同乗用自転車に6歳未満の幼児を2人乗車させて運転することは可能です。しかしその場合、子守バンド等で背負って走行することはできませんのでご注意ください。

  • 道路上での走行禁止の自転車
  • 「ノーブレーキピスト自転車」と呼ばれている、トラック競技用の自転車は道路上での走行は禁止となっております。ノーブレーキピスト自転車は、道路上で走行する目的で販売されているものでは無いため、ブレーキや照灯、反射器材等が備え付けられていません。ですから、事故を起こしてしまう危険性が高いため、道路上で運転するのは禁止となっております。

自転車に乗る前に点検を

  • 前輪及び後輪にきちんとブレーキがかかるか確認しましょう。
  • 前照灯は白色又は淡黄色で、夜間前方10メートルの距離にある障害物を確認できるか確認しましょう。
  • 反射器材は、夜間後方100メートルの距離から自動車の前照灯で反射するか確認しましょう。

乗る前に以上の点検を行い、ルールを守って安全運転を心掛けるようにしてください。交通ルールに則した自転車の取扱いは、安全運転にも繋がります。

サイクルストアーズは、神奈川県内の自転車販売店が提携して自転車の販売・受け渡しを行うネットショップです。通販でご購入し、お近くの店舗での受け取りをしていただくというシステムですので、メンテナンスや細かな調整などのアフターケアーも受けていただけます。



ページトップへ